saxophoneやその他音楽などの自由気ままなブログです。
--.--.-- --
Category | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l top
2012.09.23 Sun
Category | スーパーヒーロータイム
どうもにむやです。

まるまる1回分休んでしまってすいませんm(__)m
録画に失敗してしまって…チーン







いいですか?




























ではどうぞ。















4話『人形とピアニスト』

魔法使いのコヨミと晴人がねぐらにしている骨董品店(面影堂)。
晴人がコヨミを呼び、コヨミは今日じゃなくても…と言いつつ、
指輪のはまっている手をウィザードベルトにかざす。
するとコヨミの体はオレンジ色に輝きだした。
そこに凜子がやって来て一部始終を目撃してしまう。
問い詰めようとする凜子だが、晴人たちに話をずらされてしまう。
そんなところに、ドーナツを手土産に瞬平もやってくる。
瞬平はコヨミにも勧めるがフラれてしまう。
ところ変わってとある自動車の墓場。
ミサ(メデューサ)とユウゴ(フェニックス)が新しいゲートを見付けたらしく、黒人の男を起こす。
ケットシーと呼ばれたその男がめんどくさそうにするので、
すべてはワイズマンの意思でありそれに逆らうならば…と自動車を破壊するミサ。
その力を恐れて嫌々ながらゲートを絶望させに行く。


ある音楽大学でピアノを弾いている、ゲートの高木栄作。
コンクールが間近に迫っている彼は、
こんな演奏では満足してもらえない…と焦っていた。
そんな彼の前にケットシーが現れ、絶望させるのが楽そうだと喜ぶ。

一方朝食を食べ終え、ドーナツを味わっていた晴人。
ドーナツばかりよく食べられるな…と言う凜子に対し、魔力を使うとお腹が減るんだと主張する。
そこに瞬平のドジさも加わって、とても平和とは言えなくなってしまった面影堂。
コヨミはあきれてものも言えない。
そんなところにガルーダからケットシーに襲われている高木の映像が届く。
ファントムを倒しに行こうとする晴人をいつも以上に心配するコヨミであったが、
晴人は大丈夫だといって出掛けていく。
凜子もそのあとを追うが、
2人が去った面影堂ではよりによって今日…と心配するコヨミを瞬平は不思議そうに見つめる。

一方、晴人が到着するまでの間ガルーダが必死にファントムの気を引いていた。
しかし高木を先回りして待ち伏せしていたケットシーは、ピアニストである高木の手を奪おうとする。
そこに到着した晴人はバイクでケットシーを吹き飛ばし、その隙に車で突っ込んできた凜子が高木安全なところへ。
晴人はウィザードに変身し戦うが、ケットシーがすばしっこいためなかなかダメージを与えることができない。
ウィザードはウォーターにフォームチェンジ。
色が変わったからなんなんだと言うケットシーの攻撃を液体化して受け止め、止めを刺そうとするが、逃げられてしまう。

その様子を水晶玉で見ていた面影堂の三人。
逃げられてしまってがっかりしつつも、
晴人はやっぱりすごいと言う瞬平だったが、あれぐらいは当たり前だとコヨミは言う。
凜子のことに触れるとコヨミはますます機嫌が悪くなってしまう。

ファントムから逃げてきた高木は晴人たちから事情を聞く。
明日は大事なコンクールなのに…と苛立つ高木に、
凜子は命よりコンクールが大事なのかと説教をする。
ピアノは自分の希望だと言って聞かない高木に呆れる凜子であった。

一方、ウィザードから逃げ出してきたケットシーはミサたちにどやされて再びチャレンジすることにする。

高木の家の外で凜子と晴人が張っていると、コヨミと瞬平がやってくる。
晴人を助けられのは
ファントムと人間を見分けられる私だけだと頑なに言うコヨミに触れた凜子は
その手が冷たいことに驚く。
そんなこんなでもめているところに人間に化けたケットシーがやってくる。
コヨミに言われてあとを追い、なんとか高木から引き離すことに成功する。
しかし、高木は何を思ったのか家を飛び出してしまい、そのあとを追うコヨミと瞬平
その様子を陰から見ていたミサは、コヨミの能力に気づく。


いつまで付いてくるんだと高木はコヨミたちに怒るが、晴人に余計な面倒をかけるなと言われてしまう。
面倒なのはお前だと割って入るミサ。
高木を逃がそうとするコヨミであったが、ミサの狙いはコヨミ自身であった。
ミサはメデューサになりコヨミの正体が魔力で動く唯の人形だと突き止める。
そしてコヨミから魔力を奪うとその場を立ち去る。

一方、コヨミと仲良くなることができた理由を晴人に聞いていた凜子。
その時晴人の携帯に瞬平から事の急を知らせる電話が。
急いで駆けつけた晴人は、朝と同様にコヨミの指をベルトにかざし、魔力を分け与える。再び動き出したコヨミを見た瞬平は驚いて池に落ちる。
そんなときにファントムから人々が逃げてくる。
急いで向かおうとする晴人だが、1日に二回もコヨミに魔力を分け与えたためふらつく。コヨミは無理だと止めようとするが、すぐに戻ると晴人は行ってしまう。


公園でケットシーに襲われてしまう高木だったが、手を切るならはやくしろと差し出す。
その様子にケットシーが戸惑っていると銀の弾丸が飛んでくる。
晴人は間に合ったか…とウィザードに変身しようとすると、
高木は余計なことを…と苛立つ。
少し疑問に思いながらもウィザードはケットシーを追い詰めていく。
必殺技で止めを刺そうとしたその時、エラーが出て魔法陣が消えてしまう。
再度ベルトにスキャンしてもエラーがでて技を繰り出せない。
コヨミが恐れていた魔力切れになってしまったのだった。


はい。以上。


ここから感想です。
ないわ…って人は戻るをクリック☆





いいですね?


すいませんm(__)m
お休みしていた間に奈良瞬平という仲間が増えています。彼もまた凜子と同じように晴人に救われた人で…。

簡単には2、3話の説明をします。
【奈良瞬平は魔法使いに憧れていたゲート。そしてそれを利用したヘルハウンド・ファントムに絶望させられてしまう。
そしてコヨミはじぶんと晴人はゲートだったと凜子に言う。
日食の日の儀式でファントムは生まれ、ファントムをからだのなかに押さえ込むことができた晴人は魔法使いになり、自分は記憶を失ってしまったのだと…】
ざっくりいうとこんな感じです。

晴人はまあいいとして、コヨミもゲートだったというのはよくわからない…
今回の話で、コヨミが魔力で動く人形だとわかったわけですし、
ゲートだったけれど、儀式によってファントムになりかけちゃって…とか言うならまだわかりますが。
てっきり今までの流れ的に、コヨミはファントムだと思ってましたしね。
ファントムに体温があるのかどうかわかりませんが。

さて、魔力切れを起こしてしまった晴人はどうなるんでしょう(^_^;)
寝たり食べたりで魔力は戻るらしいですが。

次回も楽しみですね。
ではッ(´ω`)ノシ
スポンサーサイト
コメント (0) トラックバック (0) l top
2012.09.02 Sun
Category | スーパーヒーロータイム
どうもにむやです。

ついに始まりました、新番組。
これから1年間の長いお付き合いになるわけですね…。

では早速。ガチネタバレですから、ダメな人は戻るをクリック☆








いいですか?




























ではどうぞ。















1話『指輪の魔法使い』




道路の街灯に座ってドーナツを食べる青年(=操真晴人)
彼は、ガルーダという使い魔からの報告を受けドーナツを置く。
そして、右手の指輪をつかって魔法陣を展開するとその中に手を突っ込みバイクを引っ張り出した。

所変わって、とある工場。
そこに作業員が所襲われているという通報を受けて警察が到着する。
拳銃を持っての突入。大丈夫かと上司の網野に訊ねられ、人を守るのが警察の役目だと返す警官(=大門凜子)
突入した彼らの目の前に飛び込んできたのは作業員を襲う怪人(=グール)の姿。
グールに対して発砲する凜子らだったが、まったく効いていない様子。
さらにグールよりも手強い怪人(=ファントム)が現れ、
もうダメだと諦めかけた一同の前に晴人がバイクに乗って颯爽と現れる。
またしても魔法陣から銃を取り出した晴人はファントムに向けて銀の弾丸を放つ。
弾で角が折れてしまったファントムは晴人が魔法使いだと悟り、火の玉を投げつける。
火の玉は晴人に命中…したかと思いきや、炎の中に立っていたのはウィザード。
グールをあっさりと倒すウィザードだったがファントムには逃げられてしまう。

ウィザードはガルーダを通じて少女(=コヨミ)と通信。
ファントムを探すため新たに魔法を使い、使い魔ユニコーンとクラーケンを呼び出す。
変身を解いた晴人を、一部始終を見ていた凜子が詰問。
あの怪物はなんなのか…そう質問する凜子に晴人は答える。
ファントム…それはゲートと呼ばれる魔力の高い人間が絶望したときに生まれる怪物。
仲間を増やすためにゲートを襲っているのだという。
作業員の中にゲートが…?
そう思いつつも何で魔法が使えるのかと聞く凜子。
そんな凜子に対して俺もファントムを一匹飼ってっからと答え、去ろうとする晴人だったが凜子になぜか逮捕されてしまう。

そのまま留置所に入れられてしまった晴人は、ファントムは魔法使いにしか倒せないとに言うが、凜子はそんなに簡単に諦められないと言う。
魔法使いは絶望なんてしないんだろうと言う凜子に対して、絶望しなかったから魔法使いになれたのだという晴人。
彼はその時日食の儀式の事を思い出していた。
上司に呼ばれその場を後にする凜子。
そして、凜子は署長にファントムの事件をなかったことにするよう言われ、署を飛び出してしまう。
その後を追う網野。
ちょうどその時晴人を救出しに来たコヨミは2人とすれ違い、何かに気がつく。

留置所に置いてきぼりにされてしまった晴人は食事の途中だったと、食べかけのドーナツを魔法陣を通して街灯の上から取り出す。
食べようとしたところ、留置所の床を突き破ってコヨミからのメモを携えたユニコーンが出てくる。
そのメモには網野がファントムであると書かれていた。…ということは狙われているゲートは凜子!?
それに気づいた晴人は魔法を使って小さくなり、ユニコーンにのって留置所を飛び出す。
凜子と網野は公園で話をしていた。
凜子がどうして刑事にこだわるのか…。
彼女が刑事を目指したのは駐在であった父の影響なのだという。
それを聞いた網野は凜子の心の拠り所である父親の写真のはいったロケットを踏みつける。
拠り所を失った凜子は絶望し、その精神世界(=アンダーワールド)にファントムが生まれてしまった。

そこにコヨミと晴人が到着。ひとまず先に網野ファントムを倒すことにする。
シャバドゥビダッチ変身!!
晴人はウィザードに変身し、火、土、風と次々とフォームチェンジしながら徐々にファントムを追い詰めていく。
最後はライダーキックで止めをさした。

次は凜子の心に生まれたファントム。放っておけば現実に出てきてしまい、凜子は死んでしまう。
俺があんたの希望になる。
そういって凜子の指にエンゲージリングをはめるとベルトにタッチし、
ウィザードは凜子のアンダーワールドに入っていった。
そこで暴れていたのファントムを倒すため、巨大なドラゴンを召喚。最初は言うことを聞かせられなかったが、バイクに乗ることで操縦。
見事ファントムを現実に出さずに破壊した。
現実世界に戻ってきたウィザードは変身を解除。
もう凜子はゲートではなくなったので襲われる心配はないと言う。

しばらくして気がついた凜子。
すでに晴人とコヨミの姿はなかったが、その指にはエンゲージリングがはめられていた。




はい。以上。


ここから感想です。
ないわ…って人は戻るをクリック☆





いいですね?




ウィザード、カッコいいです。
マントが!なんか黒いし、マントだし、外道シンケンレッドみたいでした。
はい、すいません。

スーツアクターさん大変だったんでしょう。確かに魔法を使うので、基本的には動かなくてもいいんですが、その分細かいところで動いていたと思います。

凜子さんが視聴者視点キャラですね。
フォーゼ、オーズとこの2作は主人公がベルトをもらうところから始まりますから、
そういう意味では、主人公の謎とかが楽しみですね。

しかし、アンダーワールドのドラゴンは本当にキャッスルドランな…。
はい、すいません。
キバ臭がするようなしないようなっていうのは…ね。
ファントムは人間態から変化するとき顔に模様出るし(キバ臭その1)、主人公が敵要素持ってるし(キバ臭その2)、ガルーダがフォルテッシモーにしか見えな…(キバ臭その3)
そう見るからそう見えるだけですよね。きっと。
そういう意味ではコヨミはカブトのひより的ポジだし、風フォームはダブルのサイクロンだし…ってなっちゃいますから。


これから1年間のお付き合いになるわけですが、どうだったんでしょう。
なかなか面白かったかなぁと思うんですが、1話完結だったのが…orz
あと、1話で全フォームやっちゃっていいんですかね。
この先どうやって話を進めていくかに注目です。


最後に1つこれだけは言わせてほしい。
トイレってなにwww


次回も楽しみですね。
ではッ(´ω`)ノシ
コメント (0) トラックバック (0) l top
2012.08.26 Sun
Category | スーパーヒーロータイム
どうもにむやです。

ガチネタバレですから、ダメな人は戻るをクリック☆









いいんですか?














本当に?














後悔しても知りませんよ。


















警告しましたからね?















ではどうぞ。


















48話『青・春・銀・河』

まず、あらすじ(*'@'*)>>

賢吾が消滅し、絶叫する弦太朗と流星。
そこに現れた我望と立神はコアチャイルドは消えたと言い、その形見だとフォーゼドライバーを投げつける。

崩壊するラビットハッチ、辛くも脱出したライダー部。
教室で沈黙していた皆だったが、ユウキが賢吾に渡された手紙を読み上げる。
【ユウキへ…】
一人一人へのメッセージが綴られたその手紙は我望を憎むなと締め括られていた。
その思いを胸に最後まで我望たちに立ち向かう決意をする。

翌日、職員室内で大杉は他の教師たちに理事長のことを伝えようとするが信じてもらえない。
この学校に怪物がいて、如月たちがそれと戦っているのは本当だと、鬼島の事件の時の先生はいう。
それでも信じてもらえない理事長の正体。
途方に暮れていたところ、その理事長本人が校内放送をかける。
自らがスイッチを配ったこと、これから宇宙に旅立つこと。
学食で我望特製野菜スープを食べていた弦太朗は、ライダー部の待つ屋上へ向かう。
いよいよ決戦だ、というときになって
弦太朗は我望と立神のところへは自分と流星だけで行くといいだす。
当然反発されたが、お前たちにはお前たちにしかできないことをやってもらいたいと説得。

バイクで我望達のもとへ向かう2人はそのまま変身!
フォーゼとメテオに。

いよいよプレゼンターの元へと旅立とうとしていたサジタリウス・ノヴァとレオ。
そこにフォーゼとメテオがやってくる。
攻撃力ゼロになっているサジタリウス・ノヴァをかばい、手下も使って攻撃するレオ。
ザコは早々に倒し、メテオはレオに、フォーゼはサジタリウス・ノヴァに戦いを挑む。
フォーゼ・メテオはすべてのフォームを駆使して戦う。
メテオはメテオストームバニッシャーを用いてレオの変身を解除。
最後は生身での戦いとなり、流星は立神を消すことに成功した。
一方、フォーゼは我望にプレゼントがあると言い、
ワープ(?)させる。
着いたのは天高の体育館。そこで待ち受けていたのはライダー部だった。
ライダー部は待ってましたとばかりに我望理事長からの卒業式を始める。
変身解除していた弦太朗は再びドライバーを装着。
スリーツーワン、全員で叫んで変身する。
ロケット・ドリルの組み合わせで見事我望を倒した。
変身が解けた我望と弦太朗は友達になる。
しかし、我望は超新星の影響でもうすぐ消えてしまうのだという。
最後の願いとして、誰かプレゼンターに会いに行ってほしいと伝え、立ち去る我望の後ろ姿にライダー部は礼をする。

その晩、公園で独り物思いに耽る我望。
プレゼンターとの約束を果たせなかったと残念がるが、いつか自分の教え子が行くから…と言って消える。
翌日、賢吾と出会った通学路の橋に来ていたユウキと弦太朗。
賢吾のことは忘れないが、手紙をこのまま持っているのはツラい…と言い、
いつかの賢吾のように手紙を川に捨てようとする。
しかし、その腕を誰かに掴まれる。
「人からもらった手紙は…」
振り替えるとそこには賢吾がいた。
そのカバンには例の特大キーホルダー。
生きていたのかと驚く二人に、気がついたら自宅にいたという賢吾。
賢吾の考察では、おそらく理事長がアクエリアスに変身してコアスイッチを直してくれたのだろうということだった。
一方、交換留学も終わり昴星に帰る流星。
いつでも昴星に遊びに来てほしいという流星に、あそこにはあの子…と言う友子に対して、彼女はそんなんじゃないと否定し、帰っていく流星。
その姿を嬉しそうに友子とJkは見送った。

いよいよ美羽に指輪を渡し、プロポーズした隼。
ちょうどその時ウィザードが通りかかる。
その指輪をみて、あっちの方が素敵、と行ってしまう美羽。
こちらはまだまだ結ばれそうにはない。

賢吾たちがベンチに座っていると、ハルと蘭が声を掛けてくる。
無事退院したのだった。




ライダー部全員でのフィニッシュであった。




はい。以上。


ここから感想です。
素人意見なんて聞いてねぇよって人は戻るをクリック☆





いいですね?














うーん(´-ω-`)

賢吾、生きてましたね♪
というか生き返りましたね。

てか、アクエリアスって物も直せるの?
もっと言うと我望さんどうしてアクエリアスに変身できるの…(笑)
最後は何でもありって感じでしょうか。
そんなこといったら、
何でレオは超新星発動してないのに消えたんだって思いますけどね。

さあ、ついに来週からはウィザードが始まります!
タイトルのデザインはキバと似てる…かも。
次回作予告でもキャッスルドラゴン次回作みたいのいませんでしたか?
変身音は相変わらず面白かったwwwww



ではッ(´ω`)ノシ
コメント (0) トラックバック (1) l top
2012.08.19 Sun
Category | スーパーヒーロータイム
どうもにむやです。

ガチネタバレですから、ダメな人は戻るをクリック☆









いいんですか?














本当に?














後悔しても知りませんよ。


















警告しましたからね?















ではどうぞ。


















47話『親・友・別・離』

まず、あらすじ(*'@'*)>>


ラビットハッチに集合したライダー部。
賢吾は意識を取り戻し、月から地球を見ていた。
そんな賢吾を見守る弦太朗とユウキ。
そんな二人の前で賢吾は宇宙服の頭部をとる。
驚く二人だが、賢吾はそのまま語り始める。
なぜ自分がフォーゼになれなかったのか、
時々おこる発作の正体、
自分が何者であるか。

20年前、コアスイッチを拾った我望と歌星博士は
研究をするうちに方向性が違ってきたのだと言う。
アストロスイッチやフォーゼによるワープを主張する歌星博士に対し、
なんとしてでも自分がプレゼンターに会いに行きたい我望は、
人類に危険がおよぶ事を承知でゾディアーツスイッチによる人類の強制進化を目指した。
そして我望は、江本と共に歌星博士を殺害したが、
コアスイッチから赤ん坊が生まれていたこと、そしてその子供が賢吾と名付けられていたことを我望は知らなかった。
その後、改心した江本は賢吾を連れだし、
歌星賢吾として親戚に預けた。
さらに賢吾は、自分はプレゼンターが調査のために宇宙にコアスイッチをばらまいたのであり、
自分はその報告のためのサンプルであると語る。
こうしてプレゼンターのもとに帰ろうとする賢吾。

その頃、我望と立神は今一度ダークネビュラを開こうとしていた。
しかし、途中でどうしても閉じてしまい、道が作れない。
コアスイッチの影響か…。
道が作れず、苛立つサジタリウスは疑心暗鬼に陥り、レオを攻撃する。
レオは変身を解き、変わらぬ忠誠を誓う。
我にかえったサジタリウスはついに自身の超新星を発動させる。
その後、変身を解いたサジタリウスは歌星賢吾が邪魔であると立神の前で仄めかす…。

一方、自宅で出発の準備を進める賢吾。
手紙を書くと、弦太朗とユウキが訪ねてきたのでポケットに忍ばせる。
本当に行ってしまうのかと尋ねる二人に対し、
賢吾はサンプルであるからそれは自分の仕事であると聞く耳を持たない。
そしてついには、コアチャイルドとして覚醒した時に人間としての感情をなくしたとまで言う。
度々起こっていた発作はコアチャイルドに覚醒する前兆だったのだ。
そんな賢吾に業を煮やした弦太朗は、賢吾をつれていく。

月から地球を初めて見たときの事を賢吾に語る弦太朗。
そしてそれは、さっき月で賢吾を見たときも同じように感じたという。
感情をなくしてなどいないと弦太朗は賢吾に言う。
そうしないと別れがツラいのだと本音を漏らす賢吾に対し、
別れは骨折と同じだと語る弦太朗、そしてはやぶさくんの替え歌で賢吾を応援するユウキ。
プレゼンターとも友達になってこい!というエールを受け、
サンプルとしてではなく人間代表としてプレゼンターのもとに帰ることにした賢吾。

三人で学校に向かうと傷だらけの大杉に出会い、
ラビットハッチが襲撃されたことを知る。
三人が戻る少し前、速水からラビットハッチについて報告を受けていた立神が、
賢吾を消すためにラビットハッチを襲撃したのだ。
応戦した流星であったが、ハッチは壊されボロボロに。
急いで駆けつけた三人を待ち受けていたのは我望と立神。
コアスイッチのバリアでサジタリウスの攻撃を防ぐ賢吾。
弦太朗はフォーゼに変身し、サジタリウスとレオの二体を相手取る。
コズミックステイツで優勢に立つフォーゼであったがラビットハッチに穴が開き、酸素が外に漏れ出す。
このままでは命が危ないとライダー部メンツを学校に戻していく。
月に投げ出されそうになったユウキを賢吾が間一髪のところで引き戻す。
ユウキに手紙を託し、学校に帰した賢吾は穴をふさぐ。
その隙に弦太朗は変身を解除。
フォーゼドライバーを賢吾に渡す。
それを使ってプレゼンターのもとへワープしようとした賢吾に、超新星を発動させて戻ってきたサジタリウス(サジタリウス・ノヴァ)が襲いかかる。
コアスイッチのバリアもサジタリウス・ノヴァの前ではむなしく砕けちり、
その攻撃をまともに喰らった賢吾は倒れてしまう。
その手からこぼれ落ちたコアスイッチをサジタリウス・ノヴァが拾い上げ破壊してしまった…。
そして賢吾はコアスイッチを破壊されてしまったため、消滅。
その光景を流星と二人で見ていた弦太朗は絶叫し… 


はい。以上。


ここから感想です。
素人意見なんて聞いてねぇよって人は戻るをクリック☆





いいですね?














うーん(´-ω-`)

賢吾くん、まさか死んで…ないですよね。
まさか…ね?
前作オーズのアンクのこともありますからね…
いやでも、前々作Wのフィリップの時みたいに、帰ってくる…よね?
相棒が消えることはよくあることだし(カブトは主人公がいなくなったし←)、
友情を掲げてるフォーゼに限ってまさか…ね。

というか、フォーゼになれなかった理由語りました?
いや、私が聞き逃しただけかも知れないですけど…。

後、疑問に思ったことがあるんですが、
いろんな生物を調査するためにコアスイッチばらまいたって言ってますけど、
そのなかのひとつが地球人用で月に落ちてきた。
コレって変じゃないですか?
月に常に地球人がいるわけではないし、地球に落とした方がより確実な気が…。

ん( -_・)?どーでもいいことにツッコムなって?
はい、そうします。

それにしてもサジタリウス・ノヴァのキックは、
なんか失われてしまったものを見たような感じがしましたね…。
そう…ライダーキック(o\o)
すごいカッコよかったです←敵だけど。
オーズはキックありましたよね。
Wもまぁ、あったと言えばありました。
ディケイド?…すいません全然思い出せません(笑)
キバはバリバリしてました。剣が出てくる前までは。



そう考えるとそんなに失われてもないか(;^_^A
フォーゼのライダーキックはちょっといただけない(笑)
ロケットでやりましたよね、たしか初期の頃に。


【今週のツボッたセリフ
(プレゼンターのもとに帰るという賢吾に対して)月に帰るって…かぐや姫?】

たしかこんな感じだった気がします。
違ってたらごめんなさい。瞬間でツボッたので、きちんと記憶できてないです(泣)

次回最終回です。
うわぁ…毎年だけど、寂しいです。
最初はおにぎりまんだとなかなんだって言われてましたけど、
1年見るとやっぱ愛着沸く(^_^;)
まさかこんなシリアスな展開になるとは…。
次回も楽しみですね♪

ではッ(´ω`)ノシ
コメント (0) トラックバック (0) l top
2012.08.12 Sun
Category | スーパーヒーロータイム
はい、どうもにむやです。
感想とか書いていこうかな…という無謀な挑戦であります。

ガチネタバレですから、ダメな人は戻るをクリック☆










いいんですか?














本当に?














後悔しても知りませんよ。


















警告しましたからね?















ではどうぞ。


















46話『射・手・孤・高』

まず、あらすじ(*'@'*)>>


我望はサジタリウスに変身。
フォーゼ、メテオを一瞬で倒してしまう。
変身が解けてしまった弦太朗、流星に駆け寄るライダー部メンツ。
(一人で歩けない…と思われる賢吾は置いてきぼり)

ピスケスに対して一緒に来るよう誘うが、蘭は変身を解く。
蘭の青いピスケススイッチを見て何かを思うサジタリウス。
速水の処刑などをひとまず後回しにする…と言って去ろうとするサジタリウスに、賢吾は必ず倒すと宣言するがキーン☆が起こって倒れてしまう。

賢吾は夢を見ていた。
真っ白な空間。
賢吾の体内にアストロスイッチやゾディアーツスイッチが入ってくる。
そして、賢吾はその手に握られていたコアスイッチを押す。
すると赤ちゃんの産声が聞こえた。



赤い部屋に戻った立神と我望。
立神もコアスイッチに気づいたらしい。
しかし、我望は心配ないとする。

重症を負った速水はラビットハッチで治療を受ける。月にあることに対し素直に驚く速水。
園田のことも皆に話したらしい。
流星は蘭のスイッチをスイッチ調整室に置き、ここに留まるようにいう。
速水はここでじっとしていても埒があかないという意見で、弦太朗と流星を赤い部屋に案内するという。
弦太朗は賛同し、流星はしぶしぶついていく。
ハルの事が気になる蘭は手紙を友子、Jkに託す。

一方、倒れた賢吾は自室でユウキに看病されていた。
丸一日寝ていたらしい賢吾は、ユウキの手作りお粥を食べたあと、例のUSBメモリを調べる。

理事長室に侵入した弦太朗たちは、クローゼットを開く。
そこにはヴァルゴの転送空間のようなものがあり、そこを抜けると赤い部屋に着いた。
待ち受けていたのはジェミニ。
自爆から弦太朗と流星は逃れたが、速水は戻ることが出来なかった。
再び理事長に戻ってきた弦太朗たちに赤いのと白いのが襲いかかる。
変身し、交戦するフォーゼとメテオ。

その頃立神はハルを人質に取り、蘭を誘き出す作戦にでた。
ハルの危機に蘭はスイッチを持ってラビットハッチを飛び出す。
海岸に誘き出された蘭は、立神を倒すために変身する決意をする。
その瞬間ピスケススイッチは赤に変わった。
互いに変身して戦うレオとピスケス。
そこにJkと友子、そしてフォーゼが来る。
フォーゼが来て2対1となると思った矢先、
どうにも様子がおかしいフォーゼに友子が反応。
警告は間に合わず、フォーゼの攻撃をモロに喰らってしまったピスケス。
フォーゼはリブラが変身した偽物だったのだ。
追い詰められた蘭は変身が解けてしまい、スイッチをリブラに奪われる。
そこに到着した弦太朗と流星。
速水の卑劣な裏切りを知った弦太朗は速水に殴りかかる。
自分を理解してくれるのは我望だけだという速水に対し、自分達の青春は何だったんだと怒る弦太朗と流星。
それぞれフォーゼ、メテオに変身し戦うが、到着したサジタリウスによって阻まれる。
一網打尽にされてしまったフォーゼとメテオ。
12個のスイッチが揃ったサジタリウスはダークネビュラの道を開き、旅立とうとする。
しかし、やってきた賢吾による助言で活気づいたフォーゼとメテオはサジタリウスを倒そうとする。
サジタリウスを倒そうとしたフォーゼの一撃はリブラによって阻まれる。
フォーゼの渾身の一撃を喰らってしまったリブラは消滅。
消えてしまったリブラをなおも駒として見るサジタリウスに怒る一同。
友情を重んじた賢吾の叫びにコアスイッチが反応。
ダークネビュラは消滅してしまう。
ひとまず退散したレオとサジタリウス。
倒れた賢吾に駆け寄るライダー部一同。
皆が見守るなかで、賢吾のなかからコアスイッチが飛び出した…



はい。以上。


ここから感想です。
素人意見なんて聞いてねぇよって人は戻るをクリック☆







いいですね?















うーん(´-ω-`)
校長退場しましたね。

正直、ジェミニの自爆にやられた時点で決定的ですよね、2重スパイ説。
随分と我が身がかわいいみたいで。
まあ、裏切れば処刑は確実ですからね。
それすら嫌だったんでしょう。
でも結局消えた…。
あれはM-BUSに送られた訳じゃないからホントにお亡くなりになったのかな。


ユウキ…材料が足りなくて宇宙粥作れなかったとか。
その事を真っ先に心配した賢吾くんが(笑)
病み上がりに宇宙粥はやばいでしょう。
てか材料なんなんだ( ̄∀ ̄)


「旅立とうとするサジタリウスはその瞬間攻撃力がゼロになる!」
とかどこの遊○王www
だからレオとリブラ生かしておいたのね。
自分の身を守るために…。その点では速水は自分の役割をきちんと果たしたわけですね。


賢吾くん…あらま。
体光るとか。アリですか?次回予告で変身してましたけど。
よかったね
ライダーの主人公のオーディションで最終選考まで残ってたらしいから、
ライダーになれたら嬉しいだろうさ。
うん、よかったよかった。


後2話です。
次回も楽しみですね♪
ではッ(´ω`)
コメント (0) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。