saxophoneやその他音楽などの自由気ままなブログです。
--.--.-- --
Category | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l top
2012.09.02 Sun
Category | スーパーヒーロータイム
どうもにむやです。

ついに始まりました、新番組。
これから1年間の長いお付き合いになるわけですね…。

では早速。ガチネタバレですから、ダメな人は戻るをクリック☆








いいですか?




























ではどうぞ。















1話『指輪の魔法使い』




道路の街灯に座ってドーナツを食べる青年(=操真晴人)
彼は、ガルーダという使い魔からの報告を受けドーナツを置く。
そして、右手の指輪をつかって魔法陣を展開するとその中に手を突っ込みバイクを引っ張り出した。

所変わって、とある工場。
そこに作業員が所襲われているという通報を受けて警察が到着する。
拳銃を持っての突入。大丈夫かと上司の網野に訊ねられ、人を守るのが警察の役目だと返す警官(=大門凜子)
突入した彼らの目の前に飛び込んできたのは作業員を襲う怪人(=グール)の姿。
グールに対して発砲する凜子らだったが、まったく効いていない様子。
さらにグールよりも手強い怪人(=ファントム)が現れ、
もうダメだと諦めかけた一同の前に晴人がバイクに乗って颯爽と現れる。
またしても魔法陣から銃を取り出した晴人はファントムに向けて銀の弾丸を放つ。
弾で角が折れてしまったファントムは晴人が魔法使いだと悟り、火の玉を投げつける。
火の玉は晴人に命中…したかと思いきや、炎の中に立っていたのはウィザード。
グールをあっさりと倒すウィザードだったがファントムには逃げられてしまう。

ウィザードはガルーダを通じて少女(=コヨミ)と通信。
ファントムを探すため新たに魔法を使い、使い魔ユニコーンとクラーケンを呼び出す。
変身を解いた晴人を、一部始終を見ていた凜子が詰問。
あの怪物はなんなのか…そう質問する凜子に晴人は答える。
ファントム…それはゲートと呼ばれる魔力の高い人間が絶望したときに生まれる怪物。
仲間を増やすためにゲートを襲っているのだという。
作業員の中にゲートが…?
そう思いつつも何で魔法が使えるのかと聞く凜子。
そんな凜子に対して俺もファントムを一匹飼ってっからと答え、去ろうとする晴人だったが凜子になぜか逮捕されてしまう。

そのまま留置所に入れられてしまった晴人は、ファントムは魔法使いにしか倒せないとに言うが、凜子はそんなに簡単に諦められないと言う。
魔法使いは絶望なんてしないんだろうと言う凜子に対して、絶望しなかったから魔法使いになれたのだという晴人。
彼はその時日食の儀式の事を思い出していた。
上司に呼ばれその場を後にする凜子。
そして、凜子は署長にファントムの事件をなかったことにするよう言われ、署を飛び出してしまう。
その後を追う網野。
ちょうどその時晴人を救出しに来たコヨミは2人とすれ違い、何かに気がつく。

留置所に置いてきぼりにされてしまった晴人は食事の途中だったと、食べかけのドーナツを魔法陣を通して街灯の上から取り出す。
食べようとしたところ、留置所の床を突き破ってコヨミからのメモを携えたユニコーンが出てくる。
そのメモには網野がファントムであると書かれていた。…ということは狙われているゲートは凜子!?
それに気づいた晴人は魔法を使って小さくなり、ユニコーンにのって留置所を飛び出す。
凜子と網野は公園で話をしていた。
凜子がどうして刑事にこだわるのか…。
彼女が刑事を目指したのは駐在であった父の影響なのだという。
それを聞いた網野は凜子の心の拠り所である父親の写真のはいったロケットを踏みつける。
拠り所を失った凜子は絶望し、その精神世界(=アンダーワールド)にファントムが生まれてしまった。

そこにコヨミと晴人が到着。ひとまず先に網野ファントムを倒すことにする。
シャバドゥビダッチ変身!!
晴人はウィザードに変身し、火、土、風と次々とフォームチェンジしながら徐々にファントムを追い詰めていく。
最後はライダーキックで止めをさした。

次は凜子の心に生まれたファントム。放っておけば現実に出てきてしまい、凜子は死んでしまう。
俺があんたの希望になる。
そういって凜子の指にエンゲージリングをはめるとベルトにタッチし、
ウィザードは凜子のアンダーワールドに入っていった。
そこで暴れていたのファントムを倒すため、巨大なドラゴンを召喚。最初は言うことを聞かせられなかったが、バイクに乗ることで操縦。
見事ファントムを現実に出さずに破壊した。
現実世界に戻ってきたウィザードは変身を解除。
もう凜子はゲートではなくなったので襲われる心配はないと言う。

しばらくして気がついた凜子。
すでに晴人とコヨミの姿はなかったが、その指にはエンゲージリングがはめられていた。




はい。以上。


ここから感想です。
ないわ…って人は戻るをクリック☆





いいですね?




ウィザード、カッコいいです。
マントが!なんか黒いし、マントだし、外道シンケンレッドみたいでした。
はい、すいません。

スーツアクターさん大変だったんでしょう。確かに魔法を使うので、基本的には動かなくてもいいんですが、その分細かいところで動いていたと思います。

凜子さんが視聴者視点キャラですね。
フォーゼ、オーズとこの2作は主人公がベルトをもらうところから始まりますから、
そういう意味では、主人公の謎とかが楽しみですね。

しかし、アンダーワールドのドラゴンは本当にキャッスルドランな…。
はい、すいません。
キバ臭がするようなしないようなっていうのは…ね。
ファントムは人間態から変化するとき顔に模様出るし(キバ臭その1)、主人公が敵要素持ってるし(キバ臭その2)、ガルーダがフォルテッシモーにしか見えな…(キバ臭その3)
そう見るからそう見えるだけですよね。きっと。
そういう意味ではコヨミはカブトのひより的ポジだし、風フォームはダブルのサイクロンだし…ってなっちゃいますから。


これから1年間のお付き合いになるわけですが、どうだったんでしょう。
なかなか面白かったかなぁと思うんですが、1話完結だったのが…orz
あと、1話で全フォームやっちゃっていいんですかね。
この先どうやって話を進めていくかに注目です。


最後に1つこれだけは言わせてほしい。
トイレってなにwww


次回も楽しみですね。
ではッ(´ω`)ノシ
スポンサーサイト
コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

 

コメントの投稿












 

トラックバック

トラックバック URL
http://bathandbed.blog68.fc2.com/tb.php/231-e6d3145d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。